読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい不登園 幼稚園より母が好き?!

不登園ブログです。でも、すぐ登園ブログになったりして。

保育参加する母③

幼稚園の対応

年少さんと年長さんもクラスに帰ってきました。

 

年長さんの数名は、お弁当を保温庫から持ってくる役割を任されていました。

年長さんがお弁当を取りに行っている間、机と椅子がクラスに並びました。

 

椅子を用意するときには、さっきは興奮していて手伝う気もなかった他の年中児も、一緒になって用意していました。

 

ユシ―としーさん(次男)の椅子は、ゆーさんが用意してくれました。

その時に、ゆーさんは先生から「しーさんの椅子はひよこさんの椅子がいいかもね」といわれていました。
ひよこさんの椅子というのは、幼稚園のプレに通う子の椅子のことで、

普段は隣のクラスに置いてありました。

 

この日はプレがないので、先生もこのように言ったのだと思います。

でも、椅子がなかったようで、他の椅子をゆーさんは用意してくれました。

 

ただ、何かオカシイのは、ゆーさんはこの時点で半泣き状態に。

私が、「どうしたの?」と聞くと、ゆーさんは「なんでもない」と目をこすります。

 

その後、お弁当のお祈りの時間が始まりました。(キリスト教プロテスタント系)

 お祈りの後、すぐ食べ始めるのかと思ったら、先生のお話が始まりました。

なんと、ご飯を前にしておあずけ状態(笑)

この日の保育参加はユシ―も入れて、お母さんが2名です。

 

先生「ではお母さんたちに、昔遊んでたあそびのことを聞いてみましょう」

ユシ―「(幼稚園時代の事なんて覚えてない・・( ゚Д゚)」

 

教室は既にザワザワしつつ、先に、もう一人のお母さんが、答えました。

 

先生「次は、ゆーさんのお母さん、どうですか?」

この時点で、席に座ってから体感時間で5分は経過。

 

クラスは最高潮にザワザワ。

先生もザワザワには完全スルー。

 

まーみんな、お腹空いてるよね・・

隣の席では、ピコ太郎の話で盛り上がってるし。

 

一歳半のしーさんも、座った直後からもう食べたくて食べたくて、手が出る(笑)

 

そんなわけで、クラスの誰もが聞いていない中、

ユシーは「花札を・・」と幼稚園児には難しすぎる遊びしか思いつかず、一人しーさんの対応にグッタリしていたのでした。